技職人魂 コーティング職人

ガラス系被膜を瞬時に形成!キレイを維持するコーティング剤!

1,850円(税別)
成分
石油系炭化水素
シリコーン類
中性

特徴

今までのコーティングといえばシリコンがほとんどでした。
シリコンは油なので水と油の原理で撥水しています。
油汚れなので当然洗浄すれば落ちてしまい、お湯を使う箇所には使えません。
すぐに効果が落ちてしまいます。

<コーティング職人は!>
塗ると瞬時にガラス被膜を形成。お湯を使う場所や洗浄する場所に使えるので、ひどい汚れに進行するのを防ぎます。
効果時間を調整したり、塗り重ねることで傷がつかない被膜も形成できます。
おそうじ後のキレイを長時間維持できるので、洗剤では落ちない汚れに進行することを防ぎます。
車ボディにも使われ、防汚力の高いガラスコーティングを室内で使用できることは防汚作業としては高い効果を得られます。

使い方

1. 対象物の汚れをしっかり落とします。
2. 直接塗布し、スポンジやキッチンペーパーなどで塗り広げます。
(薄く塗り拡げるとキレイに仕上がります。)
3. 十分に乾かしてください。(乾燥時間を長くすると硬化被膜が強くなります。)
4. 2〜3を繰り返すとより強い被膜ができあがります。
動画
注意点
1. 床など滑りやすいところに使用しない。
2. ゴム手袋、保護メガネを着用し作業し、目や皮膚、衣類にかからないようにする。
3. 子供の手の届かないところに保管し、用途以外には使わない。
4. 洗剤と混ぜて使用しない。
5. 必ず換気を行いながら使用する。換気ができないところで使用しない。
6. 拭き取りをしないと、白く跡が残る場合があります。皮膜を強くしたい場合は一気に施工せず、何回かに分けて皮膜を作ることで耐久力のある仕上がりが得られます。
紹介されたメディア
media1
media2
media3
media4
media5
使用例
before
after