TOP > 商品紹介 >ウロコFINAL 特別セット
販売直営店 オンラインショッピング
よくある質問FAQ
新着情報
2017年12月1日
2014年3月〜2017年2月までの技職人魂メディア掲載情報一覧表を作成しました。
2016年3月28日
日本テレビ放送『有吉ゼミ』にてサビ取り職人が放映・紹介されました。
2016年2月18日
日本テレビ放送『ヒルナンデス!』にて硝子 職人が放映・紹介されました。
2015年01月10日
女性セブン、イーネ、ESSEに親方棒が掲載されました!
2015年01月10日
MONOQLOに掲載いただき、第2位の評価をいただきました!
2014年03月24日
日本テレビ放送『有吉ゼミ』にて「技職人魂シリーズ」が放映、紹介されました。
2013年10月08日
技 職人魂シリーズモデルチェンジ。新しいパッケージにリニューアル
2012年04月08日
無臭職人デビュー
1L詰め替えボトルリニューアル!
2012年09月19日
2012年10月1日より、業務拡大にあたり新たに第二営業所(商品管理部)を設ける事となりました。
今後より販促物、商品のスムーズな出荷と在庫管理ができるようになります。
2012年08月23日
JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2012を8/23〜25日の3日間幕張メッセで開催しております。株式会社 允・セサミもここに参加しております。「技職人魂 プロが創った究極の洗剤・驚きの洗浄力」を紹介しておりますので、ぜひ足をお運びください。
即売会もやっております!!
【株式会社 允・セサミのブースの様子】
2009年10月08日
職人魂が朝日放送系列にて放送が決まりました!12月15日放映予定です。関西系の放送なので全国ではないかもしれません。放送時間など詳細がわかり次第また、ホームページにてご連絡いたします。
2009年09月07日
第68回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2009」が東京ビックサイトにて行われます。弊社允・セサミも、「技職人シリーズ」を出品、展示させていただきます。弊社製品に関してご興味のある業者様、お客様是非お越しいただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。
「第68回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2009」
2009年09月07日
新生「允・セサミ」技職人シリーズウェブサイトが、オープンいたしました。本ウェブサイトは、お客様の立場にたって、商品の特徴、お客様の声、そして、技職人シリーズの実力の姿を更新させていただきます。よろしくお願いいたします。
2008年12月14日
あ弊社商品の記事が「livedoor ニュース 」に掲載されました。2008年暮れ、ちょうど大掃除の時期に、「大掃除は短時間で!プロ仕様の“職人技”グッズ」として紹介されております。
livedoor ニュースの情報を見る。→

允・セサミの「ウロコFINAL 特別セット」

允・セサミの「ウロコFINAL 特別セット」をご紹介します。

ウロコFINAL 特別セットとは
汚れ削ぎ取り!親方棒
ウロコFINAL 特別セット
現場の汚れを知っているプロの経験と、大手洗剤メーカーの開発部門にいた科学者とがタッグを組んで、何千種類とある配合の組み合わせから生まれた酸性クリーナーと、一般的に使用されている研磨剤よりより微細な微粒子研磨剤とを組み合わせた技職人魂シリーズの水アカ洗剤【ウロコファイナル】。そしてパート、アルバイトでも簡単に出来る限り早く作業を終わらせて次の現場に行くために、より使いやすい仕様、という点にも着目。
鏡のウロコ汚れだけを落とす為にプロに依頼すると、一般的に出張費なども含めると5~6000円程度掛かる。
水アカと呼ばれる汚れの多くは「スケール」や「二酸化カルシウム」と呼ばれ、空気中の二酸化炭素と水道水の中のカルシウムが化合してできた汚れです。この汚れを落とすには2種類の方法が有効で1.強力な酸で溶かす2.物理的力で擦り落とす。この2つを混ぜ合わせると超強力に水アカを落とすのですが、両方を初めから混ぜ合わせておくと、研磨剤が溶けてしまい、また酸の力も半減してしまいます。そこでこのウロコファイナルは、酸性クリーナーと研磨剤を分けた状態で製品化したのです。なのでお使いいただく時にMAXの洗浄力を発揮することが可能になりました。

●容量:1・酸性クリーナー=300ml 2.研磨剤=200g
メーカー希望小売価格(税抜) ¥5,000
メーカー希望小売価格(税込) ¥5,400
畳汚れ職人実例
油職人 洗浄前
油職人 洗浄後
油職人 洗浄後
 
ウロコFINAL 特別セットの商品特徴
成分
  • 酸性液体洗浄剤:両性界面活性剤(ラウリルジメチルアミンオキシド)有機酸、低温安定剤、増粘剤、精製水 研磨剤:酸化アルミニウム
液性
  • 1,酸性
  • 2,研磨剤
特徴
  • ウロコFINALは塩酸や硫酸などの使用量に限りがある無機酸とは違い、有機酸と呼ばれる酸を使っている。この酸性成分で水アカをしっかり溶かし、次に微粒子研磨剤で汚れを落とすことで、素材を傷つけにくく、磨いて水アカを落とすので、浴室の鏡や浴槽のフチ、トイレの黒ずみや手洗い場のくすみなどにご利用いただけます。酸と研磨のWパワーの相乗効果で汚れを楽に落とすことができます。また、個々で使用しても様々な用途にご使用いただけます。
詳細説明
(1)酸性液体クリーナー 単体で使用する場合
<使用方法>
【水まわり汚れ、輪ジミなど】
水まわりの汚れの原因はほとんどが、水道水の中のカルシウムと空気中の二酸化炭素が化合してできてしまった「二酸化カルシウム(スケール)」という物質です。賛成液体クリーナーで溶かしてか擦り洗いをしてください。

1. 対象物に直接塗布するか、スポンジに染み込ませて塗布します。 (垂れた洗剤をスポンジで受けることによって垂れシミを防ぎます)
2. 必要量塗布したらナイロンスポンジやブラシで擦ってください。(スケールは浸透しにくい為、立面のような液剤が垂れてしまう箇所にはキッチペーパーなどを使って湿布を貼るようにして浸けおいてください)
3. 水かお湯でしっかり洗い流してください。

【タイルや広範囲を洗浄する場合】
1. 洗面器1杯に対して酸性液体洗剤100m(l およそボトル1/3)を混ぜます。
2. 対象物にスポンジやブラシなどで塗布します。(液体が乾いてしまうとシミの原因になるので少しずつ作業してください)
3. 汚れに応じでブラシやナイロンスポンジで洗浄してください。
4. 最後に水かお湯でよく洗い流してください。

<使用上の注意>
・ゴム手袋、保護メガネを着用して作業する(匂いが気になる場合はマスクを着用する)
・目や皮膚、衣類にかからないようにする。
・子供の手の届かない所に保管し、用途以外に使わせないでください。
・塩素系の洗剤(漂白剤、カビ除去剤)と決して混ぜないでください。
・必ず目立たないところで試してください。
・用途以外に使用しない。

<使用箇所>
キッチンシンク、蛇口、トイレ手洗い場、便器内、浴室内、洗浄できる場所のタイルなど水まわり汚れ全般。
<使用できない箇>

十分な洗浄ができない箇所、大理石(人工大理石を含む)、コンクリー トや石の素材、メッキ加工されている箇所、アルミなどは変色する場 合があります。
曇り止め加工が施してある鏡は、曇り止めに傷がついて白くなる場合 がございます。曇り止めの加工やコーティングをされている鏡には使 用しないでください。


(2)微粒子研磨剤 単体で使用する場合

<使用方法>
【粉体そのままで使用する場合】
1. 固く絞ったタオルやスポンジにふりかけます。
2. 対象物につけて軽く擦ります。
3. 十分な水かお湯で洗い流してください。 (研磨剤はスポンジや雑巾の間に残りやすいので、使用したスポンジや洗剤は研磨剤専
用にし、使い終わったらよく洗ってから保管するか破棄してください)
【ペースト状にして使用する場合】
1. 小皿や器に微粒子研磨剤を入れます。
2. 水や中性洗剤を適量いれてかき混ぜます。
3. スポンジやブラシ、タオルなどに取り対象物を擦ります 4. 水かお湯で洗い流してください。
<使用上の注意>
・十分換気をし、保護メガネ、手袋を着用の上作業を行ってください。
・使用の際に粉末が残る場合があるため、十分なすすぎ拭き取りを行ってください。
・飛散の恐れがある所は粉体が舞いやすいのでマスクを着用してください。
・塗装面や貴金属の磨きには使用しないでください。
・用途以外に使用しないでください。
・予め目立たないところで試してからご使用ください。
・保管する際、キャップをしっかり締めて湿度の低い所に保管してください。
<使用箇所>
水アカの除去、キッチンシンクの磨き、コップや陶器の茶渋や曇りの 除去、鍋の焦げ除去、その他、
<使用できない箇所>
塗装面、貴金属や宝石、アクリルやプラスチックなど柔らかい素材、コーティングや特殊な処理をされている素材など、傷が付くと本来の機能を失う箇所。
曇り止め加工が施してある鏡は、曇り止めに傷がついて白くなる場合がございます。曇り止めの加工やコーティングをされている鏡には使用しないでください。


(3)酸性クリーナー + 微粒子研磨剤をあわせて使う
<使用方法>
【汚れに直接使う】
1. 対象物に酸性液体クリーナーを十分に塗布します。
2. 固く絞ったスポンジやタオルに微粒子研磨剤をつけます。(微粒子研磨剤は多いと洗浄力が高まりますので汚れに応じて使用量を増やしてください)
3. 円を描くように擦ります。(ふと擦る感覚が軽くなった時が汚れが落ちている状態です) 4. 水かお湯で洗い流してください。【酸性液体洗剤と微粒子でペースト状にする】
1. 適当な容器に酸性液体洗剤を移します。
2. その中に微粒子研磨剤を入れます。
3. 割り箸などでかき混ぜてペースト状にしてください。(この時、泡立つ場合がありますが研磨剤が溶け始めており、洗浄力が最も高い状態です)
5. 固く絞ったスポンジやタオルにペースト状になったものをとり対象物に塗布し、擦ってください。(ふと擦る感覚が軽くなった時が汚れが落ちている状態です)
4. 水かお湯で洗い流してください。
<使用上の注意>
・十分な換気をし、保護メガネ、手袋を着用の上作業を行ってください。
・酸性液体クリーナを使用時、匂いが気になる場合はマスクを着用してください。
・微粒子研磨剤を使用時、飛散の恐れがある所は粉体が舞いやすいのでマスクを着用してください。
・必ず目立たないところで試してからご使用ください。
・用途以外に使用しないでください。
・子供の手の届かないところに保管してください。
・塗装面やコーティング面、貴金属の磨きには使用しないでください。
・塩素系の洗剤(漂白剤、カビ除去剤)と決して混ぜないでください。
<使用箇所>
キッチンシンク、蛇口、トイレの手洗い場、便器内、浴室内、洗浄でき る場所のタイルなど水まわり汚れ全般。水アカの除去。
<使用できない箇所>
十分な洗浄ができない箇所、大理石(人工大理石を含む)、コンクリートや石の素材、メッキ加工されている箇所、アルミなど変色する場合があります。
曇り止め加工が施してある鏡は、曇り止めに傷がついて白くなる場合がございます。曇り止めの加工やコーティングをされている鏡には使用しないでください。